蒼天剣 あらすじ(第9部)

第9部
日上戦争編

89.孤王録
「ヘブン」を建国し、世界の王となったはずのフー。
だが実際は、参謀アランの傀儡として死んだような日々を送るばかりだった。
状況を打開しようとあがくうちに、フーは己の生き方、理念を確立していく。



90.無頼録
「ヘブン」を離れ、武者修行を続ける巴景。
「旅の賢者」モールや闘技場の闘士たちなど、様々な強敵を相手にし、ついに巴景も高みに達する。



91.訪黄録
己の剣術を完成させた巴景は、晴奈との決着を付けようと彼女の故郷、黄海を訪れた。
ところが黄屋敷で出迎えたのは晴奈ではなく……。



92.帰北録
「バニッシャー」嫌疑が晴れ、5年ぶりにエルスは故郷へと戻った。
また、彼を想うリストも北方入りし、エルスに尽くそうとするのだが……。



93.傷心録
リストはエルスが自分のことを「妹としか見ていない」と伝え聞いてしまい、ショックを受けていた。
それでもリストは自分の本心を伝えようと決心し、エルスの元を訪ねに行く。



94.氷景録
かつて巴景が北方に渡った際に取った、奇想天外な方法。
それを模倣した「トモエ作戦」により、ついに日上軍が北方へ侵攻してきた。
備蓄の厳しい状況下、エルスたち率いる同盟軍は彼らを迎え撃つ。



95.晴海録
「トモエ作戦」も中盤に差し掛かり、各所での戦闘も沈静化し始めていた。
敵との戦いでヒントを得たミラの提案により、
効果的に氷を割る作戦を展開し始めた同盟軍の元に、耳を疑うような報告が入る。
なんとこの交戦中に、モンスターが出現したと言うのだ。



96.獄下録
「トモエ作戦」後、北方にはしばしの平和が訪れていた。
心に傷を負った晴奈はその穏やかな日々の中で、新たな夢を抱き始める。
そこに「フーたちが突如ウインドフォートを襲撃した」と言う連絡が入り、
これが最後の戦いになると直感した晴奈は、トマスの告白を受け戦いに臨む。



97.曙光録
アランを二人で打ち倒した晴奈と巴景。
巴景はもう、晴奈のことを恨んでいないと言う。
だがそれでも自分と相手、どちらが上か。
それだけははっきりさせたいと、二人は仕合うことになった。



98.回帰録
日上戦争から時が流れ、体制、政治、世界は変わった。
そして、世代も変わっていく――。

inserted by FC2 system